ホーム>湘南オービーディーサービスのスタッフブログ>2020年11月

2020年11月

横須賀市内 K様邸 アメリカ乾材シロアリ 駆除施工

アメリカ乾材シロアリ駆除施工≫

自宅の天井内にtyphoonアメリカ乾材シロアリtyphoonが居た事にビックリしました coldsweats02  駆除には通常、長期で見ていくそうですが、早く発見して頂き、被害も少なくおさまりそうなので、安心しました happy01

2020111710717.JPG

天井裏にアメリカ乾材シロアリのフン

2020111710743.JPG

天井裏の廃材に成虫が生息

 ※ アメリカ乾材シロアリの生態について

  アメリカ乾材シロアリは、他のシロアリと同様に ゴキブリの仲間です。しかし、日本で食害を起こす他のシロアリ

  (イエシロアリ・ヤマトシロアリ)とは、微妙に種類が違います。

  イエシロアリとヤマトシロアリは、『土壌シロアリ』と呼ばれますが、アメリカ乾材シロアリは、『乾材シロアリ』と

  呼ばれます。

  元々日本には、いなかったアメリカ乾材シロアリは、家具やピアノの輸入によって持ち込まれた とされています。

  日本にいる他のシロアリと比べると、繫殖力はそこまで高くありません。その為、被害が出る場所は、床下ではなく、

  天井裏や輸入家具、輸入ピアノ、またはその付近であることが多いです。

  輸入家具をお持ちの方は、アメリカ乾材シロアリの被害に、特に注意が必要です。

 

三浦市内 O様邸 スズメバチ・足長バチ 駆除施工

スズメバチ・足長バチ駆除施工≫

 先日、三浦市内にて、ハチの駆除依頼がありました。 この時期には珍しく、今年最後のハチ駆除施工となりました。

2020111114227.JPG

朝顔のツルにおおわれた中に巣有り⇒

20201111142237.JPG

駆除前に ツルを伐採 ⇒

20201111142314.JPG

 飛んでいるハチとツル中へ薬剤処理

 家の壁2面に朝顔のツルが、おおわれていて、その中に巣が有りました bearing ツルを刈りながら進んで行くと、足長バチの巣のまわりに、スズメバチも来ていた為、同時に駆除を実施致しました  sign01 事故も無く、無事に作業終了致しました happy01

20201111142819.JPG

軒下に 足長バチの巣 ⇒

20201111142841.JPG

巣の駆除・撤去後

  11月になると、女王蜂と働きバチは、死んでしまいます。  新しく生まれた【新女王蜂】は、冬眠する場所を探し、飛び回っているのです typhoon  このような習性なので、この時期も飛んでいるハチには注意をして下さい sign03

 

ページ上部へ